パソコンの訪問修理・設定・データー救出 および ロボット教室(鈴蘭台教室)についてお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

基本作業料¥4000・訪問費用¥3000(10Km以内)税別 持ち込み修理も可能(事前連絡をお願いします)

お役立ち情報 事例紹介のページもご覧ください。

Windows10

windows7,8,8.1から10にアップグレードしてみませんか。

現在お使いのパソコンをwindows10にアップグレードできる場合があります。

2020年1月14日でwindows7をマイクロソフトがサポートしなくなりました。全く使えなくなるというわけではありません。しかし使い続ける場合はセキュリティ面で危険が大きくなります。windows10のPCに買い替えられるのがお勧めですがwindows7でも動作が軽いのであればwindows10にアップグレードしてみるのもありかと思います。ハードウェアがwindows10に対応していなければできませんがかなりの確率で可能です。

注意点としては

①ソフトウエアアプリが10に対応していないものはアップグレード後は使えなくなります。アップグレードするときにチェックされるので参考にしてください。windows10にアップグレード前にアップデートすることで引き続き使えるソフトもあります。ソフトごとにIDやPW(パスワード)を確認しておいた方が安全です。

②アップグレードではなく、クリーンインストールを選択するとデーターはすべて消えてしまいます。アップグレードであれば「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択することでユーザーのデーターを残すことができます。(すべてのアプリが使えるとは限りません)いずれにしても念のためデーターはUSBメモリーなどにバックアップしてから作業されることをお勧めします。

③プリンターなどの機器がwindows10に対応していない場合、windows10用のドライバーソフトが提供されているか確認してください。対応していない場合は当然使えなくなります。

ご自身でのアップグレードが困難な場合はご相談ください。

Window10 ネット上のPC等につながらない

Windows10でネット上の他のPCやNASのデーターが見えない

windowsのアップデートでWindows10のバージョンが2004や20H2になっている場合、今まで使えていた他のPCやNASのデーターが見えなくなっている場合があります。

この場合、旧バージョンのwindows10(例えば1909)をクリーンインストールすれば解決しますが、PCに保存されていたデーター、アプリはすべて消えてしまいます。

現在起こっている現象はマイクロソフトが意図的にwindowsの安全性を高めるためにしているのであれば別ですが、単なるバグ(不具合)であればwindowsの更新をすれば修正される可能性もあります。

旧バージョンに戻されるか、バグの可能性にかけて更新を続けられるかはお客様の判断になります。

今後、当社でも状況を追いかけていきますので、進展があればこのページでお知らせします。

 

無線LAN(Wi-Fi)につながらない。インターネットにつながらない

windows vista、ゲーム機

Windows Vista でネット接続できない

Vistaの初期のパソコンによくある現象です。接続状態をみると「ローカルのみ」となっており、インターネットにつながっていない状態です。あるいは接続設定直後はインターネットにつながっているのに再起動すると接続できない事があります。これは内蔵の無線モジュールが最新の暗号化方式(WPA2)に対応していないことが原因です。ゲーム機でも、ニンテンドーのDS、DSi、3DS、ソニーのPSP-3000などもWPA2には対応していません。

接続するには暗号化のレベルをWEPという暗号化方式にすればつながるようになります。では変更方法ですが、これはルーターのメーカーや機種によって方法が違っています。下にNECの例を書いておきます。いずれにしてもルーターの設定画面(管理画面)を表示させ、「第2SSID」(セカンダリSSID)を有効にします。機種によっては最初から有効になっているものもあります。WEPは安全性に問題があるので、ほかのパソコンは「第2SSID」を使わないようにしましょう。さらに「ネットワーク分離機能」は「使用する」にしたほうがいいでしょう。

この状態でVistaやゲーム機をWi-Fi接続し、もう一度ルーターの管理画面を開き「SSIDのステルス機の」を有効にしておいたほうが安全性は向上します。

下にNECのルーターの例を挙げておきます。NECのルーターは「ルーター機能」が有効であれば、アドレス欄に半角文字で「192.168.0.1」と入力し「Enter」キーを押してください。初めてのログインであればパスワードの設定画面が出ますので「admin」とでも入れてください。もちろんほかのパスワードでも結構です。するとログイン画面が出ますのでIDに「admin」、パスワードも「admin」でログインできます。ルーター機能を切ってある場合は「192.168.0.1」ではなく「192.168.*.210」か「192.168.*.211」で開くと思います。「*」は上位のルーターの値に合わせてください。分からない場合はNTTの場合は「1」eo光の場合は「0」J:COMの場合は「100」で試してください。この状態がすぐ下の状態です。赤枠の2.4GHzをクリックすると一番下の画面になります。一番下の図を参考に設定し、最後に「設定」ボタンをクリックしてください。

ルーターのTOPページの表示例です。

2.4GHzの設定画面です。

詐欺ソフトに注意

パソコンに詐欺ソフトが入っているお客様がとても多くおられます。しかしお客様はそれが詐欺ソフトとはご存じない場合がとても多いのです。

有名な詐欺ソフトには、①Advanced System Protector、②Advanced System Optimizer、③PC Optimizer Pro、④PC Reviver、⑤RegCleanPro、⑥RegistryBooster、⑦Registry Optimizer、⑧SpeedMaxPC、⑨SystemOPTIMIZER、⑩Advanced Driver Updater、⑪DriverUpdate、⑫Driver Updater、⑬Advanced File Optimizer、⑭Advanced System Protector、⑮One Safe PC Cleaner,⑯Driver Reviver、⑰Driver Updat(er)、 ⑱24X7HELP、などがあります。たぶん数百種類はあると思います。「詐欺ソフト」で検索してみてください。これらの詐欺ソフトは大部分コントロールパネルから削除できますが、中には簡単には削除できないものもあります。

詐欺ソフトとは、「パソコンにエラーがありますよ!」「今すぐ直さないと大変ですよ」と不安をあおりお金やクレジットカードの情報を盗もうとするソフトのことです。

「パソコンにエラーがありますよ!」なんてのはまったくのウソです。逆にこんなソフトを入れていることでパソコンの動作が遅くなってしまっていることが多いのです。この手のソフトは「ウイルス」ではないのでウイルス対策のソフトを入れていても検出も削除もしてくれません。

フリーソフトをインストールするときは事前にネットで「ソフト名」「発行元会社名」をネットで検索してみてください。詐欺ソフトの場合たいてい削除の仕方の相談の情報が出ています。

「Microsoft Partner」とあたかも「Microsoft」のお墨付きがあるかのようにしているものはほぼ100%詐欺ソフトです。引っかからないように注意しましょう。ご自身で消せないときはご相談ください。

Windowsメールアプリ

windows10 メールアプリ

Window10のメールアプリの設定

最初にWindowsメールアプリの大切な注意点を書いておきます。メールアプリは従来のWindows Live Mail にあった「ゴミ箱」の機能がありません。必要がないと思って削除すると2度と復活できません!使用には十分な注意が必要です。Office に付属している Outlook には「ゴミ箱」の機能がありますので、そちらを使われる方をお勧めします。

本題ですが、Windows10のメールアプリでは、基本的に3か月以前のメールは表示されません。表示させるにはアプリを立ち上げ、下にある歯車のマーク(設定)をクリックし、画面右に表示されたメニューから「アカウントの管理」を選びます。そして目的のメールアドレスをクリックすると「アカウントの設定」画面が表示されます。そして「メールボックスの同期設定を変更」の下に表示されている「コンテンツを表示するためのオプションです」をクリックすると「ダウンロードするメールの期間」が表示されます。この右にあるチェックマークをクリックすると表示したい期間を選べます。希望の期間を選び「完了」「保存」の順にクリックしてください。

なおWindowsLiveMailをお使いの方も多いと思いますが、すでにマイクロソフトのサポートが終了しています。脆弱性の修正が行われないので使用には危険を伴います。outlookもバージョンによってはやはりサポートが終了しているものもあります。その場合はWebメール(例えばOCNであれば、OCNのホームページを開くと右上と左に「OCNメール」と表示されていますので、そこから使えます。

他のプロバイダーでもそのプロバイダーのホームページにメールの入り口があります。そこから使ったほうが安全です。

Windows10の解像度がおかしくなった

windows10

Windows10で画面の解像度がおかしくなった。

2017年3月のwindowsの更新で画面の解像度がおかしくなる現象があります。

修正するには

①「コルタナ」に「トラブルシューティング」 と入力

② 検索結果の 「トラブルシューティング」をクリック

③ コントロールパネルの「WindowsUpdateで問題を解決する」をクリック

④ 画面が変わったら次へをクリックし、管理者で実行する

⑤ この修正を適用しますをクリック

⑥ 「トラブルシューティングが完了しました」と表示されたら

  トラブルシューティングを終了

⑦ PC再起動でOKです。

Windows7でwindowsアップデートが終わらない。

windows7

Windows7でwindowsアップデートが終わらない。

お客様からお預かりしたWindows7で更新プログラムのアップデートができないことがよくあります。

解決方法に皆さんご苦労されているようですが、私もすぐに改善されずお預かりしして作業をしますが、そのたびにうまくいったりだめであったりです。

今回お預かりしたPCは2016年12月以降全く更新されていない状態でした。

今回は、いくつかの更新プログラムを手動でインストールを行い、Cドライブのクリーンアップで解決しました。すべての場合でうまくできるか分かりませんが今回の手順を書いておきます。

①最初に全てのプログラムから「Windows Update」を開き「設定の変更」を開き「重要な更新プログラム」を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」から「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」を選び、画面下の「OK」を押し、画面を閉じてください。

②PCを再起動して以下の更新プログラムを手動でインストールします。

③KB3020369をインストール。「KB3020369 X64」(64bit用)あるいは「KB3020369 X86」(32bit用)で検索するとMicrosoftのサイトからダウンロードできるページが見つかります。ダウンロードしてインストールしてください。以下も同じように「X64」あるいは「X86」をつけて検索してください。

④KB3125574、KB3172605、KB947821、KB3138612、KB3177467を同様にインストールしてください。途中で再起動を求められたら再起動してください。

⑤エクスプローラーでPCを開き、Cドライブを右クリックします。「全般」タブのディスクのクリーンアップをクリックします。しばらく時間がかかりますが、「ディスククリーンアップ」の画面が表示されたら「システムファイルのクリーンアップ」をクリックしてください。また少し時間がかかりますが次に表示された「ディスクのクリーンアップ」画面で「Windows Update のクリーンアップ」にチェックを入れ、「OK」を押して実行してください。

⑥クリーンアップが終われば、再起動してから再度「Windows Update」を開き「設定の変更」を開き「重要な更新プログラム」を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」に戻して「OK」を押し、画面を閉じてください。

⑦PC再起動でOKです。再起動後「Windows Update」を開き「更新プログラムの確認」を実行してください。

私の場合、今回はこの手順で更新ができるようになりました。


ハードディスクの検査

HDD不良のチェック

ハードディスクの寿命が近づくと、パソコンの動作が遅くなることがあります。

チェックの方法はいくつかありますが、最も簡易にできるのが「crystaldiskinfo」を使う方法だと思います。

私もお客様のHDDのチェックのために最初に使うのがこのツールです。今日、お客様のHDDをチェックした時の画像を左下に表示しておきます。

さらに詳しくチェックするには「HDDSCAN」というツールを使うこともあります。。

Windows10のIE11でwebメールのエラー

Windows10のIE11でwebメールエラー

H29年4月のwindowsの更新でwebメールがネットワークエラーで使えなくなる現象があるようです。

エラーが解消されるまではグーグルクロームやFireFoxでwebメールを使うことで回避できます。