パソコンの訪問修理・設定・データー救出 および ロボット教室(鈴蘭台教室)についてお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

PCの仕組み

パソコンはたくさんの部品からできています。 その中で①メモリー、②ハードディスク(HDD)、またはソリッド・ステート・ディスク(SSD)、③CPUの3つがパソコンの性能を左右する大きな要素になります。   (右の写真はメモリーです。) 分かりやすく、皆さんが机で何か作業しているとします。 この場合、「机の広さ」にあたるのが①メモリーの大きさ、「机の引き出しや本棚」にあたるのが②のハードディスクなど、作業している皆さんが③CPUというわけです。 当然、「机の広さ」が大きいほど、作業効率は上がります。狭いと、とりあえず使わないものを引き出しになおし、必要なものを引き出しから出してくる必要があります。この入れ替えにものすごく時間がかかるのです。 このメモリーが不足しているかどうか?は調べる方法があります。
メモリーの例
パソコンはたくさんの部品からできています。 その中で①メモリー、②ハードディスク(HDD)、またはソリッド・ステート・ディスク(SSD)、③CPUの3つがパソコンの性能を左右する大きな要素になります。   (右の写真はメモリーです。) 分かりやすく、皆さんが机で何か作業しているとします。 この場合、「机の広さ」にあたるのが①メモリーの大きさ、「机の引き出しや本棚」にあたるのが②のハードディスクなど、作業している皆さんが③CPUというわけです。 当然、「机の広さ」が大きいほど、作業効率は上がります。狭いと、とりあえず使わないものを引き出しになおし、必要なものを引き出しから出してくる必要があります。この入れ替えにものすごく時間がかかるのです。 このメモリーが不足しているかどうか?は調べる方法があります。
ハードディスクの例

パソコンはたくさんの部品からできています。

その中で①メモリー、②ハードディスク(HDD)、またはソリッド・ステート・ディスク(SSD)、③CPUの3つがパソコンの性能を左右する大きな要素になります。   (右の写真はメモリーです。)

分かりやすく、皆さんが机で何か作業しているとします。

この場合、「机の広さ」にあたるのが①メモリーの大きさ、「机の引き出しや本棚」にあたるのが②のハードディスクなど、作業している皆さんが③CPUというわけです。

当然、「机の広さ」が大きいほど、作業効率は上がります。狭いと、とりあえず使わないものを引き出しになおし、必要なものを引き出しから出してくる必要があります。この入れ替えにものすごく時間がかかるのです。

このメモリーが不足しているかどうか?は調べる方法があります。

 

「Ctrl」と「Alt」を同時に押したまま「Del」を押してください。 すると、「タスクマネージャー」という名前が表示されるので、「タスクマネージャー」を選んでください。 「タスクマネージャー」が起動したら、「詳細」をクリックしてください。 この例では、「プロセス」タブが選ばれており、「メモリー」が31%になっています。ここが100%や100%に近い値になっておれば、メモリーが現時点で不足しています。どのアプリかバックグラウンドプロセス(表面上には出てきませんが、陰で動いているプログラムです)がメモリーをどの程度使っているか知ることができます。 100%でいつまでたっても下がらない場合はウイルスや迷惑ソフト(詐欺ソフト)が動いている場合もあります。 パソコンに搭載されているメモリーの大きさは、「Windowsキー」を押しながら「Pause」キーを押す、あるいは「スタート」を押し、「PC」を右クリックして「その他」「プロパティ」でシステムの画面を表示させます。 この画面では「8GB」となっているのがわかります。 一般的にはwindows7以降であれば64bit版であれば最低2GBは必要でしょう。快適に動かしたいのならば少なくとも4GBできれば8GBは欲しいところです。32bit版の場合はおよそ3GBしか認識しないので注意が必要です。
「Ctrl」と「Alt」を同時に押したまま「Del」を押してください。 すると、「タスクマネージャー」という名前が表示されるので、「タスクマネージャー」を選んでください。 「タスクマネージャー」が起動したら、「詳細」をクリックしてください。 この例では、「プロセス」タブが選ばれており、「メモリー」が31%になっています。ここが100%や100%に近い値になっておれば、メモリーが現時点で不足しています。どのアプリかバックグラウンドプロセス(表面上には出てきませんが、陰で動いているプログラムです)がメモリーをどの程度使っているか知ることができます。 100%でいつまでたっても下がらない場合はウイルスや迷惑ソフト(詐欺ソフト)が動いている場合もあります。 パソコンに搭載されているメモリーの大きさは、「Windowsキー」を押しながら「Pause」キーを押す、あるいは「スタート」を押し、「PC」を右クリックして「その他」「プロパティ」でシステムの画面を表示させます。 この画面では「8GB」となっているのがわかります。 一般的にはwindows7以降であれば64bit版であれば最低2GBは必要でしょう。快適に動かしたいのならば少なくとも4GBできれば8GBは欲しいところです。32bit版の場合はおよそ3GBしか認識しないので注意が必要です。
「Ctrl」と「Alt」を同時に押したまま「Del」を押してください。 すると、「タスクマネージャー」という名前が表示されるので、「タスクマネージャー」を選んでください。 「タスクマネージャー」が起動したら、「詳細」をクリックしてください。 この例では、「プロセス」タブが選ばれており、「メモリー」が31%になっています。ここが100%や100%に近い値になっておれば、メモリーが現時点で不足しています。どのアプリかバックグラウンドプロセス(表面上には出てきませんが、陰で動いているプログラムです)がメモリーをどの程度使っているか知ることができます。 100%でいつまでたっても下がらない場合はウイルスや迷惑ソフト(詐欺ソフト)が動いている場合もあります。 パソコンに搭載されているメモリーの大きさは、「Windowsキー」を押しながら「Pause」キーを押す、あるいは「スタート」を押し、「PC」を右クリックして「その他」「プロパティ」でシステムの画面を表示させます。 この画面では「8GB」となっているのがわかります。 一般的にはwindows7以降であれば64bit版であれば最低2GBは必要でしょう。快適に動かしたいのならば少なくとも4GBできれば8GBは欲しいところです。32bit版の場合はおよそ3GBしか認識しないので注意が必要です。

メモリー不足か調べよう

「Ctrl」と「Alt」を同時に押したまま「Del」を押してください。

すると、「タスクマネージャー」という名前が表示されるので、「タスクマネージャー」を選んでください。

「タスクマネージャー」が起動したら、「詳細」をクリックしてください。

この例では、「プロセス」タブが選ばれており、「メモリー」が31%になっています。ここが100%や100%に近い値になっておれば、メモリーが現時点で不足しています。どのアプリかバックグラウンドプロセス(表面上には出てきませんが、陰で動いているプログラムです)がメモリーをどの程度使っているか知ることができます。

100%でいつまでたっても下がらない場合はウイルスや迷惑ソフト(詐欺ソフト)が動いている場合もあります。

パソコンに搭載されているメモリーの大きさは、「Windowsキー」を押しながら「Pause」キーを押す、あるいは「スタート」を押し、「PC」を右クリックして「その他」「プロパティ」でシステムの画面を表示させます。

この画面では「8GB」となっているのがわかります。

一般的にはwindows7以降であれば64bit版であれば最低2GBは必要でしょう。快適に動かしたいのならば少なくとも4GBできれば8GBは欲しいところです。32bit版の場合はおよそ3GBしか認識しないので注意が必要です。

 

windows10であれば、「なんでも聞いてください」の枠内に「PC」と入れ、エンターキーを押してください。そうするとCドライブが表示されます。(パソコンによってはDドライブなどが表示されます) (タスクバー(画面下のバー)にエクスプローラーが表示されておれば、クリックで開け、左の列にあるPCをクリックしてもCドライブ等が表示されます。) チェックしたいドライブを右クリック、プロパティ、ツール、と進み、チェックをクリックしてください。これでチェックが始まります。チェックが必要でない場合は「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されるので開いた窓を閉じてください。
windows10であれば、「なんでも聞いてください」の枠内に「PC」と入れ、エンターキーを押してください。そうするとCドライブが表示されます。(パソコンによってはDドライブなどが表示されます) (タスクバー(画面下のバー)にエクスプローラーが表示されておれば、クリックで開け、左の列にあるPCをクリックしてもCドライブ等が表示されます。) チェックしたいドライブを右クリック、プロパティ、ツール、と進み、チェックをクリックしてください。これでチェックが始まります。チェックが必要でない場合は「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されるので開いた窓を閉じてください。
windows10であれば、「なんでも聞いてください」の枠内に「PC」と入れ、エンターキーを押してください。そうするとCドライブが表示されます。(パソコンによってはDドライブなどが表示されます) (タスクバー(画面下のバー)にエクスプローラーが表示されておれば、クリックで開け、左の列にあるPCをクリックしてもCドライブ等が表示されます。) チェックしたいドライブを右クリック、プロパティ、ツール、と進み、チェックをクリックしてください。これでチェックが始まります。チェックが必要でない場合は「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されるので開いた窓を閉じてください。

ハードディスクの状態を調べよう

windows10であれば、「なんでも聞いてください」の枠内に「PC」と入れ、エンターキーを押してください。そうするとCドライブが表示されます。(パソコンによってはDドライブなどが表示されます)

(タスクバー(画面下のバー)にエクスプローラーが表示されておれば、クリックで開け、左の列にあるPCをクリックしてもCドライブ等が表示されます。)

チェックしたいドライブを右クリック、プロパティ、ツール、と進み、チェックをクリックしてください。これでチェックが始まります。チェックが必要でない場合は「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されるので開いた窓を閉じてください。

 

パソコンに搭載されているCPUの種類は「Windowsキー」を押しながら「Pause」キーを押す、あるいは「スタート」を押し、「PC」を右クリックして「その他」「プロパティ」でシステムの画面を表示させます。 CPUの種類はたくさんありますが、intelのCPUでは atom、celeron、pentium、core2Dueo、COREi3、COREi5、COREi7などがあり、さらに細かく分類されています。 左にあるものほど、処理能力は低く、atomは主に超小型のモバイルパソコンなどに使われています。 最近はCOREシリーズが主流になってきています。windows8、8.1、windows10ではceleronでは快適な動作を望むのはむつかしいでしょう。

使われているCPUを調べよう

パソコンに搭載されているCPUの種類は「Windowsキー」を押しながら「Pause」キーを押す、あるいは「スタート」を押し、「PC」を右クリックして「その他」「プロパティ」でシステムの画面を表示させます。

CPUの種類はたくさんありますが、intelのCPUでは

atom、celeron、pentium、core2Dueo、COREi3、COREi5、COREi7などがあり、さらに細かく分類されています。

左にあるものほど、処理能力は低く、atomは主に超小型のモバイルパソコンなどに使われています。

最近はCOREシリーズが主流になってきています。windows8、8.1、windows10ではceleronでは快適な動作を望むのはむつかしいでしょう。

 

その他メニューのご紹介

訪問サポート

訪問サポートについて説明しています。

訪問サポートについて説明しています。

詳細はこちらへ

サポートの料金はこちらをご覧ください。

誤って消してしまったデーターや、故障したPCからデーターを救出します。