パソコンの訪問修理・設定・データー救出 および ロボット教室(鈴蘭台教室)についてお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

故障のサインに気付く

パソコンは使っているうちに少しずつ処理速度が遅くなってきます。故障とはいえないまでも使いづらくなってきます。 原因はいくつもあります。例えば ①windowsの更新で、windows自体が大きくなることで、メモリーを消費します。 すると作業をするための作業スペース(メモリー)が小さくなってしまいます。メモリーが不足しているかは調べる方法があります。 ②最近は、写真や音楽データーを多量に保存しておられる方が増えてきました。最近のパソコンはかなり大容量のハードディスクが搭載されてきてますが、それでも容量が不足している方も見受けられます。ハードディスクの空き容量は簡単に調べられますので、確認してみてください。空き容量が全体の1割を切ってくると動作が不安定になりやすくなりますので、注意が必要です。 ハードディスクも機種によって性能にかなり差がありますので、ハードディスクを高性能のものに入れ替えるか、SSD(半導体に記憶させるものでハードディスクより格段に速度は向上します。)に交換する方法が考えられます。これはある程度以上の知識がないと難しい作業になります。自信がなければ専門家に依頼されたほうがいいと思います。

パソコンは使っているうちに少しずつ処理速度が遅くなってきます。故障とはいえないまでも使いづらくなってきます。

原因はいくつもあります。例えば

①windowsの更新で、windows自体が大きくなることで、メモリーを消費します。

すると作業をするための作業スペース(メモリー)が小さくなってしまいます。メモリーが不足しているかは調べる方法があります。「CTRL」キーと「ALT」キーを押したまま、「DEL」キーを押してください。すると「タスクマネージャー」を起動するメニューが表示されるので「タスクマネージャー」を起動してください。「詳細」表示にするとメモリーの使用量やCPU、HDDの使用量が表示されます。メモリーの使用量が80%を超えるようであればメモリーの追加を検討してみてください。機種によって搭載できる最大値が異なりますのでメーカーサイトなどで確認してください。

②最近は、写真や音楽データーを多量に保存しておられる方が増えてきました。最近のパソコンはかなり大容量のハードディスクが搭載されてきてますが、それでも容量が不足している方も見受けられます。ハードディスクの空き容量は簡単に調べられますので、確認してみてください。方法はエクスプローラー(画面下のタスクバーのフォルダーのマーク)を開き、画面左側の「PC」をクリックすると空き容量と全体の容量が表示されます。空き容量が全体の1割を切ってくると(使用量を示すバーが赤い表示)動作が不安定になりやすくなりますので注意が必要です。

ハードディスクも機種によって性能にかなり差がありますので、ハードディスクを高性能のものに入れ替えるか、SSD(半導体に記憶させるものでハードディスクより格段に速度は向上します。)に交換する方法が考えられます。これはある程度以上の知識がないと難しい作業になります。自信がなければ専門家に依頼されたほうがいいと思います。

 

ハードディスクは高速で回転しています。(毎分5400回転、7200回転のものが主流です。)そのため機械的に消耗して故障します。故障してから大切なデーターのバックアップ(コピー)をとっていなくて困られた方も非常に多いです。普段から外付けのハードディスクや、DVD、USBメモリーに2重にバックアップを取ることをお勧めします。 最近はかなり容量の多いUSBメモリーも手ごろな金額で入手できます。追加、削除ができますし、DVDよりも大容量のものもありますので、ぜひおすすめします。定期的にバックアップする習慣をつけてください。

ハードディスクは故障します!!

ハードディスクは高速で回転しています。(毎分5400回転、7200回転のものが主流です。)そのため機械的に消耗して故障します。故障してから大切なデーターのバックアップ(コピー)をとっていなくて困られた方も非常に多いです。普段から外付けのハードディスクや、DVD、USBメモリーに2重にバックアップを取ることをお勧めします。

最近はかなり容量の多いUSBメモリーも手ごろな金額で入手できます。追加、削除ができますし、DVDよりも大容量のものもありますので、ぜひおすすめします。定期的にバックアップする習慣をつけてください。

 

右のような画面が表示されることがあります。 これは深刻な状況と思ってください。最近、何かハードウエアの追加やソフトウエアの追加をしたのであれば取り外して確認したほうがいいでしょう。 このまま使い続けるとパソコンが最悪起動しなくなる恐れがあります。早急にデーターのバックアップを取ってください。

重大な障害

右のような画面が表示されることがあります。

これは深刻な状況と思ってください。最近、何かハードウエアの追加やソフトウエアの追加をしたのであれば取り外して確認したほうがいいでしょう。

このまま使い続けるとパソコンが最悪起動しなくなる恐れがあります。早急にデーターのバックアップを取ってください。

パソコンが過熱してませんか

パソコンを長期間使っているとどうしても内部にホコリを吸い込んで、冷却効率が落ちてきます。すると突然パソコンがシャットダウンしてしまうことがあります。

CPUの冷却フィンやファンのホコリを取り去るだけでパソコンのご機嫌がよくなることがよくあります。

デスクトップパソコンであれば、割と簡単にできるのでご自身で挑戦するのもいいと思います。

 

その他メニューのご紹介

サポートの料金はこちらをご覧ください。

訪問サポートについてはこちらをご覧ください。

パソコンの温度が高いと思われたらフリーソフトでチェックできます。